Muchelney Pottery のスモールボウル
ロンドンから車を走らせて2時間半、イングランド南西部のサマセットにあるのどかなマチェルニー村で、かのバーナード・リーチの孫、ジョン・リーチがつくる普段使いのためのストーンウエアです。リーチ家はバーナード、デビッド、ジョンと3代にわたる陶芸一家。1920年代に濱田庄司とバーナードがセント・アイヴスにはじめて持ち込んだ日本式の登り窯と同じ、3室の登り窯で37時間かけて焼かれるマチェルニーポタリーのストーンウエアは、日本の民芸運動やイギリスのアーツ&クラフツ運動の流れを汲んだ、手仕事のすばらしさにあふれた日用品です。適度な重みと強さが頼もしく、その生地と釉薬のシンプルなコントラストは、和食から洋食までどんな料理を盛ってもよく映えます。リーチ家3代に渡る焼きものに対する真摯な情熱と伝統、ジョン他2名のクラフトマンの人間味あふれるチームワークがつくりあげる、いままさに日本人が使いたいテーブルウエアです。

◯ ジョン・リーチ( SAML.WALTZ

商品名 Muchelney Pottery スモールボウル
サイズ 直径 115 × 高さ 55 mm
材 質 陶器
生産国 イギリス
価 格

3,024円(税込)

購入数
up down
いっしょにお勧めしたい商品